くまがやラグビー・オリパラプロジェクト「学力日本一」を目指します!

 
COUNTER H26.5.16~435238

校歌と江南北小の1年間 

 

お知らせ


  熊谷市教育委員会より、「学校敷地内全面禁煙及び喫煙所廃止」について通知がまいりましたのでお知らせいたします。
 熊谷市では、健康増進法の改正趣旨のとおり、望まない受動喫煙を防止するため、学校敷地内全面禁煙することとします。
1 方針
(1)7月1日から敷地内全面禁煙とする。
(2)特定屋外喫煙所は設置しない。
(3)喫煙所は6月中に廃止する。

2 参考
(1)「健康増進法の一部を改正する法律」の施工日は、令和元年7月1日です
(2)たばこを葉を加熱する加熱式たばこについても、学校敷地内においては
  喫煙することはできません。
(3)市役所本庁舎、各行政センターについても、敷地内全面禁煙を実施します。
 

熊谷市暑さ対策事業


 

埼玉県虐待通報ダイヤル


 

熱中症対策事業


「あっぱれ!熊谷流」 熱中症予防情報はメールでも配信されています!
 
江南北小学校ホームページQRコード


ケイタイ・スマホでも読み取れます!
 

お知らせ

 

お知らせ



 

クリスマスまでカウントダウン

 

お知らせ

4月26日(金)
『きなこあげパン』
子どもたちに人気のメニューです。きなこは、大豆をいって粉にしたものです。大豆は、「畑の肉」といわれるほど栄養が豊富です。きなこも大豆そのものに一番近い加工品のため、栄養が豊富です。


4月25日(木)
『たけのこご飯』
24日の朝の活動の時間に2年生が筍の皮むきをしました。八百屋さんに届けてもらったたけのこを2年生が一生懸命むいてくれました。むいてもらったたけのこは、給食センターに持ち帰り、ゆがいてあくをとりました。そして、たけのこご飯をつくりました。2年生が一生懸命皮むきをしてくれたおかげで、たけのこご飯を給食でだすことができました。



4月24日(水)
『豚肉とレバーの香味揚げ』
レバーには鉄が多く入っていて、食べることで貧血予防になります。苦手な人も多くいますが、今回はカレー味で食べやすくしてみました。今年度の給食では初めてレバーがでましたが、1年生もおかわりをしていました。


4月23日(火)
『若竹汁』
今が旬のたけのこが入っています。竹の子どもということで「竹の子」や「筍」とかかれます。「食物せんい」というお腹の掃除をしてくれる栄養素が多くふくまれていまs。そのため、便秘予防に役立ちます。


4月22日(月)
『マーボー豆腐』
中華料理の1つです。とうふ、ひき肉、ねぎなどにとうがらし・トウバンジャンなどを入れて、いためて煮た料理です。昔、材料の少ない中、ありあわせの材料で来客向けにつくったのがはじめとされています。給食では辛さひかえめな味付けですが、「全然辛くない」や「もっと辛くてもいい!」という意見が子どもたちからでていました。


4月19日(金)
『ソース焼きそば』
焼きそばのルーツは、中国の「チャオメン」といわれています。「チャオメン」とは、中華麺をいためて作った料理です。この料理をもとに、日本では終戦直後にソース焼きそばが生まれました。屋台で売ったところ評判がよく、定着していったそうです。


4月18日(木)
『ごまみそラーメンスープ』
給食で使っているみそは、埼玉県でとれた大豆からできたみそです。日本で食べられている大豆の3%は日本でとれたものです。しかし、ほとんどの大豆は、アメリカやブラジル、中国から輸入しています。埼玉県では、若いうちに収穫する枝豆作りが盛んで、全国3位の生産量をほこります。

「6年生森林レストラン」
良い天気の中、6年生は森林レストランで給食を食べました。おかわりをたくさんしてくれ、食缶の中はもちろん空になりました。前日に6年生数名が机とイスの掃除をしてくれました。手に力をこめて磨いてくれたおかげでぴかぴかになり、気持ちよく給食を食べることができました。


4月17日(水)
『手作りカツ』
朝、お肉屋さんから新鮮なとり肉を届けてもらい、給食センターで調理員さんが1枚1枚ていねいに衣をつけてくれます。そして、油に入れ、からっとあげます。あげたカツは、センター特製のたれにくぐらせて完成です。今日は約600枚のカツを作りました。


4月16日(火)
1年生は15日に給食の準備についての授業をうけ、今日から給食が始まりました。授業で練習した給食着の着方を実践することができました。ハンバーグをパンにはさんで、落とさないようにしっかり持って食べることができました。おかわりもたくさんしてくれて、食缶の中が空になりました。

『こふきいも』
じゃがいもは、根ではなくっきを食べる芋です。収穫後2~4ヶ月たつと、じゃがいものくぼみから芽をだします。芋からの栄養でよこにのびた 茎の先に、でんぷんをたくわえて丸く太ったのがじゃがいもです。「やわらかくておいしい!」と1年生からは好評でした。

4月15日(月)
『ソイ丼の具』
肉と相性ばつぐんなにらが入っています。にら特有の強い香りは「アリシン」といいます。このアリシンは、ビタミンB1の吸収をよくしてくれます。そのため、ビタミンB群の豊富な豚肉との相性はばつぐんです。

4月12日(金)
『キャベツともやしのサラダ』
キャベツは1年中出回っていますが、春キャベツや夏キャベツ、冬キャベツがあります。今は春キャベツが旬です。春キャベツは、葉のまきがゆるく、内側まで黄緑色で、葉がやわらかいという特徴があります。

4月11日(木)
『オレンジむしパン』
今回のオレンジむしパンには、「マーマレード」を入れてみました。マーマレードは、オレンジなどの果物の皮と加重をさとうで煮詰めたジャムです。ポルトガルで最初に作られましたが、そのときの材料が「マルメロ」というかりんに似た果物でした。マルメロがかわっていってマーマレオードになったといわれています。


4月10日(水)
『のり塩大豆』
給食ででてくる「大豆のかりかり揚げ」ののり塩バージョンです。志木市の小学校の給食の先生にレシピを教えてもらいました。「ポテトチップスみたい!」や「お菓子みたい」ととても好評でした。


4月9日(火)
今日から2~6年生は給食が始まりました。新しい学年での給食をお話を楽しみながら食べていました。今年度も苦手なものでも一口は挑戦していきたいですね。

『野菜いため』
今日の野菜いためには「玉ねぎ」が入っています。新玉ねぎは、今が旬な食べ物です。普通の玉ねぎは、日持ちをよくするために収穫してから1ヶ月ほどかんそうさせて出荷します。しかし、新玉ねぎは収穫後すぐに出荷されています。そのため、皮がうすく、実の水分が多くてやわらかいという特徴があります。


3月20日(水)
今日は、今の学年で食べる最後の給食でした。いろんなクラスで好きなメニューを聞いてきました。「ココアあげパン」や「きなこあげパン」、「フルーツポンチ」、「手作りカツ」などが人気のようです。苦手なメニューも聞きましたが、「苦手なものはない!」と言ってくれる児童も何名かいて、とてもうれしい気持ちになりました。来年度も食事のマナーを守って、楽しい給食の時間にしてほしいですね。

3月18日(月)
『春巻き』
立春のころ、新芽が出た野菜を具としてつくられたことから「春巻き」と名づけられました。英語では、「スプリングロール」とよばれています。キャベツやたけのこ、玉ねぎ、にんじんなどいろいろな野菜が入っています。


3月15日(金)
『ミネストローネ』
イタリアの田舎の家庭料理です。「ミネストローネ」は、イタリア語で「具だくさんの野菜スープ」という意味です。使う野菜は地域や地方によって様々で、トマトをいれていないものでも「ミネストローネ」とよばれるそうです。

3月14日(木)
『ツナサラダ』
ツナ缶には、主にマグロが使われています。日本は世界で一番マグロを食べる国といわれています。日本は世界で2番目に多くマグロをとっています。マグロのえさになる小魚やイカがたくさんある静岡県や神奈川県の海で多くとられています。


3月13日(水)
『じゃがいものそぼろ煮』
じゃがいもの芽の部分には「ソラニン」という毒がふくまれています。これをたくさん食べてしまうとお腹が痛くなってしまったり、めまいがおきたりします。そのため、じゃがいもを調理するときは必ず芽を取りましょう。
肉じゃがに似ていたため、食べやすかったようです。


3月12日(火)
『手作りカツ』
給食センターでは朝お肉屋さんが岩手県産のお肉を届けてくれます。そして、調理員さんがお肉に1枚1枚衣をつけて油にいれます。お肉の色を良く見ながら油でからっと揚げて、たれにからめます。今日の全部で約900個のカツを作ってくれました。今日は、低学年はいつもより大きいサイズにしてみましたが、ぺろっと食べていました。また、おかわりをしている児童もいました。


3月11日(月)
『手作りアメリカンドック』
アメリカンドックは日本オリジナルの呼び方です。海外では「コーンドック」とよばれています。これは、とうもろこしの粉を原料としたコーンブレッドの記事が使われるためだそうです。


3月8日(金)
『アスパラガスのサラダ』
アスパラガスには「アスパラギン酸」という成分が多く含まれています。この成分は、体の疲れをとり、スタミナをつける働きがあります。この成分のおかげで、アスパラガスは1日に10cmほどのびるそうです。


3月7日(木)
『白身魚の甘酢あんかけ』
今回の魚はたらです。たらは冬においしい魚です。日本では、まだら、スケトウダラ、コマイなどいろいろな種類が出回っています。体の大きさ、ひげやひれの形などそれぞれ違いがあります。


3月6日(水)
『深川めしの具』
東京の深川という地域の郷土料理です。野菜とあさりなどの貝を煮込んだ汁物をごはんにかけたものです。深川は江戸時代には漁師の町としてさかえており、貝やのりをとる漁師さんがたくさんいました。深川飯は、いそがしい漁の合間に手早く作れるため、漁師の日常食とされていました。


3月5日(火)
『ココアあげパン』
ココアは「カカオ豆」から作られています。紀元前1100年ごろ、現在のメキシコ南部や中央アメリカで育てられ、当時は豆を名まで食べていたそうです。次第に、カカオはそのまま食べるのではなく、飲み物として飲まれるようになりました。江南北小では、ココアあげパンは残りがなくなるほど人気メニューです。

3月4日(月)
『とりのてり焼き』
とり肉には、手羽先、ムネ、ささみ、モモなどいろいろな部位があります。部位によって栄養や料理の方法も違いがあります。今日のとりのてり焼きには、モモ肉が使われています。


3月1日(金)
『ちらしずし』
3月3日は「ひなまつり」です。ひなまつりは、女の子の健やかな成長と幸せを願う日です。おはらいのために野外でいろいろな食材を彩りよく、酢飯に混ぜて食べたのが始まりといわれています。
朝給食センターにご飯工場から酢飯がとどきました。給食センターでは具を作り、調理員さんが混ぜ、彩りよく錦糸卵をのせてくれました。ボリュームがあり、児童からも「おいしい!」と評判でした。



2月28日(木)
『ヘルシーサラダ』
ごぼうは平安時代に中国から伝わってきたといわれています。独特の香りや歯ごたえがあり、古くから親しまれていますが、日本以外で食べている国はあまりないようです。


2月27日(水)
『手作りみそカツ』
みそカツは愛知県名古屋市の郷土料理です。みそだれをとんかつにかけた料理です。名古屋では「みそ煮こみうどん」や「みそカツ」など赤みその文化があります。今日のみそカツは「ごはんが進む!」「もっと大きくてもいい!」などの意見がでるほど人気でした。2年生は「どこでとれた肉なの?」と産地にも興味を持っていました。

2月26日(火)
『フルーツクリーム』
子どもたちに人気のメニューです。フルーツクリームには、みかん、パイン、もも、バナナが入っています。バナナの歴史は古く、紀元前から育てられていたといわれています。日本へは、明治時代に台湾からはいってきました。
どの学年もおかわりをしている児童が多く、皿や食缶についているクリームもきれいにとっていました。


2月25日(月)
『大豆とポテトのあげ煮』
大豆を多く作っている県は、1位が北海道、2位が宮城県、3位が秋田県で東北地方でさかんんい作られています。給食で使っている大豆は北海道でとれたものです。1年生も2年生も箸で上手に豆をつかむことができていました。

2月22日(金)
『煮こみおでん』
2月22日は「おでんの日」です。アツアツのおでんは「ふーふーふー」と息をふきかえて食べることから、2が3つならんだ2月22日をおでんの日にしたそうです。給食時間に「今日のおでんにはうずらのたまごが何個入っているの?」と1年生に聞かれました。「全部で2000個くらい入っているよ。」と伝えたら、とても驚いていました。


2月21日(木)
『中華風混ぜご飯』
豚肉やたけのこ、油揚げ、こまつななどの具を中華仕立てに味付けしました。


2月20日(水)
『とり肉の香味焼き』
香味野菜とは、料理を引き立てるためにそえられる料理のことです。洋食ではセロリ、パセリなどが使われることが多いようです。今回はパセリやオリーブオイルをとり肉とからめ、上からチーズをかけて焼きました。パセリの香りが強かったのですが、人気でした。


2月19日(火)
『切り干し大根の炒め煮』
2月17日は、「切り干し大根の日」です。「千」の字を「二」と「1」に見立て、「切」の字の「七」をあわせて2月17日にしたことが由来となっています。


2月18日(月)
『ちゃんぽんめんスープ』
長崎ちゃんぽんは、長崎県の郷土料理です。豚肉や魚介類、野菜を具としためん料理です。中国の福建省という地域の料理をベースとしています。

『彩の国肉まん』
2年生には「サイの肉が入っているの?」と聞かれましたが、彩の国の埼玉県でとれた肉を使った肉まんです。2年生の発想にとても驚かされました。


2月14日(木)
『ワンタンスープ』
ワンタンは中華料理のひとつで、正式にはフントヮンといいます、小麦粉にたまご、水、塩を十分こねあわせ、うすくのばして作ります。「ワンタンがやわらかい!」「ワンタンスープおいしい!」と好評でした、


2月13日(水)
『わかめスープ』
今日のスープにはわかめがたっぷり入っています。わかめは主に岩手県、宮崎県、徳島県の3県でとられています。3月~5月が旬で、収穫するときには2m近くまで成長しています。


2月12日(火)
『さばのねぎみそ焼き』
ねぎは切るとぬめりが出てきますが、これはあまみとやわらかさのもとです。にるとあまくトロリとした食感になります。苦手な人もいますが、体が弱っているときにはぜひ食べてほしいです。


2月8日(金)
『豚肉のマリアナソース』
豚肉とレバー、じゃがいも、ピーマンが入っています。レバーには鉄が多く入っているため、貧血を予防することができます。苦手な人もいましたが、小さいサイズなので食べることができたようです。

「給食集会」
延期していた給食集会を朝に行うことができました。給食委員が発表の内容を考えたり、昼休みは劇の練習をしたり、準備をたくさんしてきました。本番でははきはきとわかりやすく発表を行うことができ、給食時間のマナーについてあらためて考えるよい機会になりました。また、クラスの代表15名が「おはしリレー」を行いました。結果は1年生が1位と、予想外の結果になりました。1年生は待っている人も座って応援していて、ゲームでもゲーム以外でも1位だと感じました。


2月7日(木)
『白菜のみそ汁』
白菜にはビタミンCが多く、かぜの予防に効果があります。よい白菜は外側の葉がいきいきとした緑で、重みがあります。


2月6日(水)
『もずくスープ』
日本で食べられているもずくのほとんどは沖縄でとれたものです。沖縄の言葉では、「スヌイ」ともよばれています。給食のもずくも沖縄でとれたものです。


2月5日(火)
『きりたんぽ』
秋田県の郷土料理です。かためにたいたごはんをすりつぶし、くしにつけて焼いたものです。なべものに入れたり、あまみそをぬって焼いたりして食べるそうです。「これなに?」「なにからできているの?」など、興味を持って食べていました。


2月4日(月)
『福豆』
2月3日は節分です。節分には「豆まき」を行います。前の年の悪をはらい、新しい春に幸せをまねくための儀式として「豆まき」を行うようになりました。給食時間には「昨日恵方巻き食べた!」や「自分の年より1個多く豆を食べたよ!」など節分の話をしながら、楽しそうに福豆をたべていました。


2月1日(金)
『こまつなとたまごのスープ』
給食では、熊谷でとれたたまごを使っています。いつも調理員さんが1つ1つわってくれています。ちなみに今日は約250個のたまごをわってくれました。


1月31日(木)
『切り干し大根のナムル』
煮物にもよく使われている切り干し大根は、大根を乾燥させたものです。秋の終わりから冬にかけて収かくした大根を細切りにし、天日干しをすることで切り干し大根が出来上がります。

1月30日(水)
「昭和30年代を再現した献立」昭和30年代の給食を再現しました。実際の給食ではカレーシチューはつかず、コッペパン・脱脂粉乳・魚のフライ、サラダ、ジャムという組み合わせでした。ちょうどそのころ学校給食法という法律ができ、給食が全国に広まっていきました。
ソース画像を表示



1月29日(火)
『彩の国納豆』
埼玉県でとれた大豆を使って、埼玉県内の工場で作っています。今回は容器がラグビーワールドカップ2019仕様になっています。納豆が苦手な児童もいましたが、2個食べている納豆好きな児童もいました。1年生はたれの袋をあけたり、ねばねばの袋を片付けたりする場面で苦戦していました。


1月28日(月)
『広東めんスープ』
広東とは、中国の地方の名前です。しかし、広東めん自体は日本人が独自にアレンジを加えて作った料理です。肉や野菜のほかに、イカやあさりといった魚介類も入ったしょうゆ味のラーメンスープです。


1月25日(金)
『トックスープ』
「トック」とは、うすくスライスされた楕円形のかんこくのおもちです。トッポッキやタッカルビなどいろいろな料理に使われます。「おもちがおいしい!」と1年生から好評でした。


1月24日(木)
『手作りゼリーフライ』
熊谷市のとなりにある行田市の郷土料理です。じゃがいもやおからなどを小判型に整えて油で揚げた食べ物です。「ゼリーフライまた出してほしい!」や「じゃがいもが入っている?」など興味を持って食べていました。特に2年生は何度もおかわりしていました。


1月23日(水)
『ハンバーグきのこソースがけ』
エリンギとぶなしめじの2種類のきのこが入っています。きのこにはお腹の掃除をしてくれる「食物繊維」がたくさんふくまれています。


1月22日(火)
『ポークビーンズカレー』
1月22日は、カレーの日です。1982年の今日、休職が始まってから35周年を記念して、「全国一斉献立カレーライスの日」としたそうです。カレーライスはインド料理を元にイギリスで生まれ、日本で独自に変化しました。


1月21日(月)
『手作りとうふドーナツ』
今日の手作りとうふドーナツには、しぼりどうふが入っています。豆腐の「腐」という字は、くさるという意味ではなく、やわらかいもの・弾力があるものという意味だそうです。


1月18日(金)
『ねぎ塩豚丼の具』
ねぎ、キャベツ、にんじん、たまねぎなどたくさんの野菜が入った料理です。少し量が多めでしたが、おかわりした人も多くいました。


1月17日(木)
『ツナとひじきのサラダ』
子供たちに人気のツナですが、ビンチョウマグロ・キハダマグロ・カツオから作られています。この魚をあぶらづけして作ります。


1月16日(水)
『きつねごはんの具』
油揚げの入った混ぜご飯です。きつねの好物が油揚げであることが名前の由来になっています。油揚げは、江戸時代のはじめに江戸の町でつくられるようになったそうです。


1月15日(火)
『ソイ丼の具』
夏の時期の給食に出たソイ丼の具には「にら」がはいっていました。今回のソイ丼の具には、今が旬の「春菊」が入っています。春に花をさかせ、葉の形が菊に似ていることから春菊と呼ばれています。ヨーロッパでは観賞用とされていますが、東アジアでは食用とされています。


1月11日(金)
『プルコギ』
韓国の家庭料理です。「プル」とは「火」、「コギ」は「肉」という意味で、日本のすき焼きに似ています。しょうゆベースで甘口の下味をつけた肉を野菜と一緒に焼きます。甘辛い味付けで、「ご飯にあう!」「ご飯にかけたい!」と言っておかわりをしている1年生もいました。


1月10日(木)
『雑煮』
1月11日は鏡開きです、鏡開きとは、正月に神や仏にそなえた鏡もちをさげて食べる行事です。神や仏に感謝し、無病息災などを祈って食べます。給食の雑煮ではもちではなく、白玉団子が入っています。


1月9日(水)
『白菜と肉団子のスープ』
4月~6月に出回る「春白菜」、7月~8月の「夏白菜」、9月~3月の「冬白菜」と日本では1年中白菜が作られています。1玉1kgもないものから5kgもあるものまで様々な種類があります。日本には現在450種類もあるそうです。ちなみに、今日の給食の白菜は茨城産です。


12月20日(木)
『ローストチキン』
12月25日はクリスマスです。ローストチキンはとり肉にバジルやにんにく、白ワイン、しょうゆで下味をつけて焼きました。バジルの香りが強かったため、苦手な児童も多いのではないかと心配でしたが、完食していたクラスが多かったです。

『いちご&れんにゅう風ゼリー』
今日はクリスマス献立ということで、クリスマスデザートがつきました。「ツリーがかわいい!」「下の白いゼリーは何味?」「間違い探し見つけた!」などどの学年も楽しそうでした。


12月19日(水)
『白身魚の幽庵揚げ』
「幽庵焼き」とは、和食の焼き物のひとつです。しょうゆ・酒・みりんにゆずを入れて作った調味液に魚をつけて焼きます。今日の給食では、あげた白身魚に幽庵ソースをかけました。


12月18日(火)
『カレーピラフドリア風』
今日のご飯は、たまねぎやグリンピースが入ったドライカレーです、マッシュルームやぶなしめじなどの入ったドリアソースをかけて食べます。今年度は初めてでた献立で、カレーピラフがおいしい!、シチューみたいでおいしい!と好評でした。


12月17日(月)
『小魚入り松葉芋』
今日のさつまいもは、11月の芋ほりで3~6年生が北小の畑でほってくれたさつまいもを使いました。とても立派なさつまいもばかりで、味も甘くておいしかったですね。


12月14日(金)
「江南幼稚園との交流給食」
今日は江南幼稚園から年長さんが小学校に来てくれました。1年生の教室で1年生と一緒に給食を食べました。1年生が年長さんのために画用紙に絵を描いてかわいいランチョンマットを作ってくれました。ご飯にカレーをかけるのをお手伝いしたり、落としたスプーンを洗ってきてあげたりとお兄さんお姉さんらしい様子がみられました。


12月13日(木)
『上海焼きそば』
玉ねぎやしいたけ、キャベツ、いんにくなどいろいろな種類の野菜が入っています。しいたけにはビタミンDが多く含まれています。ビタミンDは、骨を作るために重要なカルシウムを助ける働きがあります。


12月12日(水)
『呉汁』
埼玉県川島町の郷土料理です。大豆を水にひたし、すりつぶしたペーストを「ご」といいます。この「ご」をみそ汁に入れたものが「呉汁」です。


12月11日(火)
『すき焼き風煮』
すき焼きは江戸時代にうまれた料理です。農家の人が仕事中にお腹がへると、農具の「すき」の金属部分を鉄板代わりにして魚やとうふを食べていました。そこから、すき焼きと呼ばれるようになりました。


12月10日(月)
「収穫祭」
11月に収穫したさつまいもを使って、いも汁とふかしいもを作りました。1年生はさつまいも洗い、2年生は大根とにんじん洗い、3年生はねぎの皮むき、4年生はにんじんとだいこんの皮むき、5年生はねぎとだいこん切り、6年生はにんじんとごぼう切りを担当してくれました。また、5・6年生は会場の準備や片付けも行ってくれました。みんなで協力して作った料理は、普段お世話になっている地域の方にふるまいました。


12月7日(金)
『酢豚』
あげあ豚肉とたけのこやにんじん、ピーマンなどのいためた野菜をあわせて、甘酢あんをからませた中華料理です。中国では「クールーロウ」とよばれています。ピーマンやしいたけが大きく、苦手な児童も多かったようです。


12月6日(木)
『さばのしょうが焼き』
しょうがは、あたたい地域で作られることが多いようです。そのため、東北地方ではあまり作られていません。日本で作られているしょうがの約半数は高知県で作られています。今日の給食で使っているしょうがも高知県でとれたものです。


12月5日(水)
『おから団子のスープ』
大豆からとうふを作るとき、豆乳をしぼった後に残るものを「おから」といいます。「うのはな」という別の呼び方もあります。今日のおから団子はとり肉とおからをまぜて、給食センターの調理員さんが1つ1つちぎって作りました。


12月4日(火)
『いその香りあえ』
今日の和え物にはほうれん草が入っていますが、野菜椀には小松菜が入っています。見た目はとても似ていますが、葉が丸いものが小松菜、葉がギザギザしているものがほうれん草です。


12月3日(月)
『お好み焼き』
今日の給食のお好み焼きには、たらのすり身やあさり、キャベツ、ねぎなど様々な具材が入っています。調理員さんがオーブンの天板に伸ばして、1人分のサイズに切りました。


11月30日(金)
『ビビンパ』
韓国料理の1つです。ご飯とナムルやたまご、肉などの具をかき混ぜて食べる料理です。


11月28日(水)
あげパンの次に人気なメニューです。ホイップクリームにみかんやバナナなどのフルーツを混ぜました。コッペパンにはさんで食べたり、デザートとして最後に食べたり、いろいろな方法で食べていました。お皿についたクリームまでていねいにとっているクリーム好きな3年生もいました。


11月27日(火)
『沢煮椀』
「沢」とは「たくさんの」という意味で、豚肉と千切りにした野菜で作った具だくさんな汁物です。給食の沢煮椀には、豚肉や大根、にんじん、こまつななどが入っています。


11月26日(月)
『小魚入り松葉芋』
今が旬のサツマイモは、全国の4割は鹿児島県で作られています。今日の給食では、千切りにしたさつまいもを油で揚げて、じゃことたれをあえました。


11月21日(水)
『三色そぼろご飯』
とり肉とたまご、グリンピースの3色の具が入っています。グリンピースが苦手な児童が多いようです。


11月20日(火)
『さばのねぎみそ焼き』
さばにふくまれているDHAとEPAという栄養素は様々な効果があります。DHAは脳を活性化してくれ、EPAは血液をさらさらにしてくれます。1年生のクラスではおかわりする児童が多くいました。


11月19日(月)
『ほうれん草のかきあげ』
ほうれん草の旬は11月~1月の冬です。冬のものは夏のものよりビタミンCが2~3倍多く含まれています。今日のかきあげにはほうれん草だけでなく、野菜やじゃこ、大豆、にんじんが入っています。



11月16日(金)
『やきししゃも』
ししゃもは春に川で生まれて、海へ押し流されて太平洋沿岸で成長します。2歳になった秋に川をのぼって卵を産みます。ししゃもフライはよくでていましたが、焼きししゃもは苦いところや頭と尾が苦手だったようです。


11月15日(木)
『ガタタン』
北海道の郷土料理です。たまごやいか、団子など多くの具が入ってとろみのついた中華スープです。中華料理店のオーナーが家庭料理をもとに作ったといわれています。


11月13日(火)
『おかかあえ』
今日のおかかあえには、もやし・キャベツ・ほうれん草が入っています。キャベツは40~50枚の葉が重なってできています。


11月12日(月)
『道産子風みそラーメンスープ』
いかやあさり、わかめなどが入ったラーメンスープです。いかにはダイオウイカやホタルイカ、コウイカなど世界に450種類以上います。


11月9日(金)
『カレモア』
ラグビーワールドカップで熊谷で試合をするサモアという国の料理です。「カレ」はカレー、「モア」はとり肉を意味します。とり肉やじゃがいも、ピーマン、ココナッツミルクが入っている中華じたてのカレースープです。1・2年生には少し辛かったようです。


11月8日(木)
『熊谷うどん』
熊谷市は小麦の収かく量が埼玉県でもっとも多いです。今日のうどんは、熊谷市内で収かくされた小麦粉を使用して、熊谷の業者さんが作りました。


11月7日(水)
『吟子汁』
熊谷出身で、日本で始めての女性医師、荻野吟子の名前をつけたみそ汁です。北海道で活やくしたことから、北海道でとれるサケとじゃがいもが入っています。