お知らせ

11月6日(火)
『秋の香りご飯』
さつまいも、しめじ、ごぼうなど秋が旬の野菜が入った混ぜご飯です。普段は白飯ですが、今日は茶飯に香りご飯の具を混ぜました。


11月5日(月)
『りんご蒸しパン』
今日の蒸しパンにはりんごとりんごジュースが入っています。りんごの旬は秋から冬です。ふじ、つがる、ジョナゴールド、おうりんなど様々な種類があります。ちなみに、今日のりんごは福島県でとれたふじという品種のりんごです。


11月2日(金)
『かてめし』
秩父の郷土料理です。昔、お米が貴重だったため、かさましをするために煮た具材をご飯にまぜたものがかてめしです。

10月31日(水)
『パンプキンスープ』
10月31日はハロウィンです。そのため、かぼちゃが入ったスープにしました。現在はかぼちゃに顔をくりぬいたランタンをかざる風習がありますが、昔はかぶをかざっていたそうです。



10月30日(火)
『とり肉のバーベキューソース』
みなさんが食べているとり肉のほとんどはブロイラーです。ブロイラーは40~50日で食べられるほどの大きさになります。今日の給食では、焼いたとり肉にりんごやレモン汁、しょうゆを混ぜて作ったべキューソースをかけました。「ソースがおいしい!」「もっと大きいサイズが食べたい」と6年生が言っていました。


10月29日(月)
「あおぞら給食」
今日はとても良い天気の中、外であおぞら給食を行うことができました。教室で給食をお弁当箱にきれいにつめました。写真は6年生と5年生の配膳中の写真です。高学年は何度も経験しているので、お弁当箱につめるのが上手ですね。

今回はクラスではなく、たてわり班で集まって食べました。班長さんが場所を決めてくれたり、ゴミを集めてくれたり、班をまとめている様子がみられました。

箸やお弁当箱など持ち物が多くありましたが、ご協力いただきありがとうございました。

10月26日(金)
『秋の味覚ポタージュ』
食欲の秋とよく言われますよね。今日のスープには、さつまいも、しめじなど秋が旬な野菜が入っています。黄色、オレンジ、緑などとても彩りが良いですね。


10月25日(木)
『さばのおろしソースがけ』
魚屋さんでは主にマサバ、ゴマサバ、タイセイヨウサバの3種類が売っています。


10月24日(水)
『大根とツナの煮込み』
ツナはマグロからできています。日本海でとれるマグロは、春からなつにかけてあぶらがのっておいしくなります。今日の煮込みは大根に味がよくしみていて、大根好きな4年生が何度もおかわりしてくれました。


10月23日(火)
『いわしのかば焼き』
今日は1年生と3年生から何の魚なのか聞かれました。今日の魚は「いわし」です。いわしは、ほかの魚に食べられ、水揚げしてもすぐに終わることから、漢字では「鰯」(さかなへんに弱い)とかきます。


10月22日(月)
『パンプキン蒸しパン』
かぼちゃのような色のこい野菜を「緑黄色(りょくおうしょく)野菜」といいます。のどやはなのねんまくを強くし、きんが入ってくるのを防いでくれます。


10月16日(火)
『チキンヌードルスープ』
ラグビーワールドカップで熊谷で試合をするアメリカという国の料理です。体調がわるい時に食べたり、塩分ほきゅうとして食べたりしています。


10月12日(金)
「バイキング給食」
6年生はバイキング給食を行いました。主食から2個、主菜から2個、副菜を1種類、果物を2個など好きなものを選び、盛り付けました。その後、いつも給食を作ってくれている調理員さんと話しながら食べました。調理員さんへの感謝の気持ちも伝えることができましたね。


10月11日(木)
『大根と豚肉の煮込み』
大根の根は白色ですが、葉は緑色です。根はたん色野菜、葉は緑黄色(りょくおうしょく)野菜で、葉にはカロテンという栄養素が多く含まれています。大根に味がよくしみていましたね。


10月10日(水)
『ラグビーチーズ』
2019年に熊谷でラグビーワールドカップが行われます。そのラグビーボールの形をしたチーズです。


10月9日(火)
『とうふと豚肉のキムチ煮』
はくさいは、種はとても小さいのですが、種をまいて2から2.5ヶ月で1玉3kgまで育ちます。日本では1年中はくさいがさいばいされています。


10月5日(金)
『野菜コロッケ』
野菜コロッケには4種類の野菜が入っています。たまねぎ、にんじん、いんげん、とうもろこしの4つです。4つも野菜が入っているため、彩りがとてもきれいです。


10月4日(木)
『とり肉とごぼうのいり煮』
ごぼうには、お腹のお掃除をしてくれる「食物せんい」という栄養素が多くふくまれています。


10月3日(水)
『海草サラダ』
こんぶは冷たい海を好み、こんぶのほとんどが北海道でとれます。だしに向いているものや煮物に向いているものなど様々な種類があります。今日の海草サラダには、わかめやくきわかめ、こんぶが入っています。とてもいろどり豊かですね。


10月2日(火)
『スプレーマナポリターナ』
ラグビーワールドカップで熊谷で試合をするアルゼンチンという国の有名な料理です。とり肉をうすくしてあげたカツを「スプレーマ」、チーズやトマトソースを使ったソースを「ナポリターナ」といいます。


10月1日(月)
『大豆とポテトのあげ煮』
日本で食べられている大豆の95%は外国から輸入しています。アメリカやブラジルから多く輸入していますが、今日の給食の大豆は北海道でとれたものです。


9月28日(金)
『手作りカツ』
来週の木曜日に北小・南小の6年生は陸上フェスティバルがあります。本番で自分に打ち勝てるように今日の給食は「カツ」です。6年生はとても一生懸命練習に取り組んでいるので、練習の成果がだせるよう願っています。


9月27日(木)
『チビート』
ラグビーワールドカップで熊谷で試合をするウルグアイという国の料理です。いためた豚肉とゆでたキャベツをパンにはさむ料理です。1年生もきれいにはさんで食べていました。


9月26日(水)
『さんまのかば焼き』
秋になるとあぶらがたっぷりのったさんまが多く出回ります。さんまは江戸時代の終わりから食べられるようになりました。


9月21日(金)
『月見汁』
9月24日は中秋の名月、十五夜です。十五夜にはお団子をおそなえします。給食ではそのお月見団子をイメージして、白玉団子をいれた汁物にしました。


9月20日(木)
『家常豆腐(ジャーチャンドウフ)』
「ジャーチャン」とは、家庭でいつも食べるという意味です。中国の視線で生まれた料理です。普通の豆腐ではなく、厚揚げを使っているのが特ちょうです。


9月19日(水)
『オジャクリ』
ラグビーワールドカップで熊谷で試合をするジョージアという国の料理です。あげたじゃがいもと豚肉、ピーマン、玉ねぎを炒めた彩り豊かな料理です。


9月18日(火)
『鮭のちゃんちゃん焼き』
魚と野菜を焼いて、みそなどで味付けした北海道の郷土料理です。鮭を焼くときに、鉄板がチャンチャンという音をたてることから、この名前になりました。


9月14日(金)
『ハヤシライス』
明治時代に西洋から伝わった「ハッシュドビーフ」が日本風にアレンジされたものです。はやしさんが作ったため、ハヤシライスという名前になったという説があります。どのクラスもたくさんおかわりをしてくれて、うれしい気持ちになりました。


9月13日(木)
『トントロリンスープ』
寄居で生まれた給食メニューです。豚の「トン」とかたくり粉の「トロリン」を組み合わせたスープです。くきわかめや卵、しいたけなどが入って具沢山です。おかわりする児童がたくさんいました。


9月12日(水)
『ボルシチ』
ラグビーワールドカップで熊谷で試合をするロシアという国の料理です。ビーツとよばれる赤カブが入った赤いスープです。給食ではかわりにトマトを使って赤色を表現しています。


9月11日(火)
『ししゃもフライ』
日本でも北海道の太平洋沿岸にのみいます。ししゃもは骨まで食べることができるため、カルシウムを多くとることができます。


9月10日(月)
今日の4時間目に4年生の学級活動で「食べ物のはたらきを知り、どんな食べ方をしたらよいか考えよう!」というめあてで3色食品群についての授業を行いました。赤・黄・緑の3つの国を守っているレンジャーがそれぞれの国の食べ物のはたらきを紹介してくれました。授業の終わりには、「3つの国の食べ物をしっかり食べる」や「苦手のものでも一口は食べる」などそれぞれ素敵な目標をたててくれました。給食時間にも「めんは黄色の国!」、「わかめは赤かな?」など3つの国について考えてくれました。


『黒糖蒸しパン』
黒砂糖が入った蒸しパンです。黒砂糖は、サトウキビのしぼり汁をにつめて作ります。沖縄県や鹿児島県などの島で多く作られています。ほのかに茶色い蒸しパンになりました。



9月7日(金)
『あさりと豆腐のみそ汁』
今日の豆腐は木綿豆腐(もめんどうふ)です。木綿豆腐は布をしいた入れ物に固まった豆腐を入れ、力を加えて水を抜いて作ります。そのため、しっかりとした食感が特ちょうです。
給食の豆腐は、市内の豆腐屋さんに朝届けてもらっています。


9月6日(木)
『ゴーヤチャンプル』
豆腐や今が旬のゴーやをいためた沖縄料理です。「チャンプル」には、「混ぜる」や「いためる」という意味があります。ゴーヤの苦味が得意な児童と苦手な児童で分かれました。「給食のゴーヤはそんなに苦くないから食べられる!」とうれしい言葉をもらいました。


9月5日(水)
『ラグビーパン』
2019年に熊谷でラグビーワールドカップが行われます。それを記念して作られたパンです。ラグビーをしているコバトンがプリントされた包装もかわいらしいですね。「ラグビーボールの形だ!」「お父さんが昔ラグビーやっていたよ。」などどのクラスでも盛り上がっていました。


1年1組のみんながラグビーパンを持ってポーズをきめてくれました!

9月4日(火)
『三色サラダ』
三色サラダはきゅうり、にんじん、だいこんが入った彩のよいサラダです。
きゅうりの仲間は400から500種類あります。6日の給食で出るゴーヤチャンプルのゴーヤもきゅうりの仲間です。きゅうりにはとげがありますが、それは新鮮(しんせん)なあかしです。
ぜひスーパーでみてみましょう!


9月3日(月)
『つるむらさきのかきあげ』
 江南地域の特産物である「つるむらさき」を入れたかきあげです。見た目はほうれん草に似ていますが、ゆでるとぬめりがでるのが特ちょうです。つるむらさきは独特なくさみがありますが、ゆでるのではなく揚げることでくさみをひかえました。子どもたちは「これなに?」「むらさき色じゃないの?」などとても興味を持ってくれました。


8月31日(金)
 夏休みがあけて、今日から給食が始まりました。夏の暑さに負けず、苦手な食べ物も一口は食べてほしいですね。
『すいとん』
 9月1日は防災の日です。すいとんは、長い期間保存できる小麦粉を使って作ります。今日の給食のすいとんには、にんじんとあおのりを入れ、調理員さんが力を入れてこね、1つ1つちぎってなべにいれました。「これ何?」と不思議そうな児童がたくさんいました。
防災の日は、防災への意識が高めてほしいですね。


7月19日(木)
 今日は、夏休み前最後の給食でした。ふりかけの包装がおみくじつきで、「大吉だ!」「ちょこっと吉だった!」と盛り上がっていました。

『とり肉とレバーのレモン煮』
レバーの独特な食感や臭みが苦手な人も多くいます。そのため、給食ではしょうがとお酒で下味をして、臭みをできるだけおさえています。


7月18日(水)
『こふきいも』
じゃがいもは江戸時代にオランダ船によって、長崎に伝えられました。ジャガタラ(現在のジャカルタ)からやってきたいもというのが名前の由来です。こふきいもはとても人気で、どのクラスも残りが少なかったです。


7月17日(火)
『なすマーボー豆腐』
今が旬のなすが入ったマーボー豆腐です。なすの90%は水分のため、食べることで体を涼しくしてくれます。


7月13日(金)
『夏野菜カレー』
なすやかぼちゃなど夏が旬の野菜を使ったカレーです。かぼちゃは夏から秋にかけて収穫されますが、冬至に食べるという習慣があるように、冬まで保存することができる野菜です。
ヤングコーンも入っていましたが、「食べたことがない」「味が苦手」「食感が苦手」などいろいろな意見がありました。


7月12日(木)
『白身魚の和風ソースがけ』
今日の魚はたらです。腹が満たされるまで食べ物を食べることを「たらふく食べる」といいます。この言葉は、たらが大食いな魚であることが由来です。


7月11日(水)
『夏野菜のペペロンチーノ』
なす、ズッキーニ、ピーマンなど夏野菜がたくさん入ったスパゲッティです。ズッキーニは、見た目がきゅうりに似ていますが、かぼちゃの仲間です。夏を感じられますね。


7月10日(火)
『ユーリンチー』
揚げたとり肉に、きざんだ長ネギとしょうゆベースのたれをかけた中華料理です。給食では、このほかにさとうやみりん、酢、ごま油も入っています。


7月9日(月)
『ブルーベリー蒸しパン』
ブルーベリーは江南地域の特産物で、6月~8月にとれます。今日も江南産のブルーベリーを使用しています。農家の方が朝摘んだものを、八百屋さんに給食センターへ届けてもらいました。
ブルーベリーが苦手な児童も多くいましたが、「ブルーベリー苦手だけど、ブルーベリー蒸しパンはおいしい!」と4年生がうれしいことを言ってくれました。



7月6日(金)
7月7日は七夕です。そのため、前日の今日は七夕献立です。
『七夕汁』
にんじんと大根を「短冊」に、そうめんを「天の川」と「織姫が織る糸」に、オクラを「星」にみたてたすまし汁です。

7月5日(木)
『タコライス』
タコライスは、1980年代に沖縄で生まれました。「タコスの具をのせた飯」という意味で、メキシコ風アメリカ料理のタコスの具材が乗った料理です。

7月4日(水)
『さばのしょうが焼き』
自分の都合のいいように数をごまかすことを「さばを読む」といいます。この言葉は今日の給食でもでた「さば」が由来であるといわれています。2年生も5年生も魚に骨が入っているかどうかをとても気にしていました。魚の骨が苦手な児童が多いようです。


7月3日(火)
『豚肉のマリアナソース』
マリアナソースとは、ケチャップにさとうとウスターソースを混ぜたソースのことです。給食のソースにはこのほかに、しょうゆとカレー粉が入っています。カレー粉も使ったしっかりした味付けなので、ピーマンが苦手な児童も食べることができていました。


7月2日(月)
『ごま味うどん汁』
ごまは約6000年前にアフリカで見つかりました。世界三大美女の一人「クレオパトラ」は、美しさを保つためにごまを体にぬっていたという話もあります。


6月29日(金)
『あさりと豆腐のみそ汁』
あさりには、ビタミンB12や鉄、タウリンなどの栄養が多く含まれています。党に、タウリンは血液をさらさらにする効果があります。

6月28日(木)
『アジフリッター』
6月から8月がアジの旬の時期です。アジの名前は、「味が良い」ということからついたともいわれています。

6月27日(水)
『さばのソース焼き』
さばには体に良いDHAとEPAという脂肪酸が多く含まれています。三温糖、ウスターソース、赤みそなどで作ったソースをさばにかけて焼きました。

6月26日(火)
『ゆでとうもろこし』
1年生が朝の活動の時間に、とうもろこしの皮むきをしてくれました。ひげまでとてもていねいにとってくれたおかげで、おいしいとうもろこしを食べることができました。1年生ありがとう。今日のとうもろこしは江南地域でとれたとうもろこしです。



6月25日(月)
『グリーンサラダ』
きゅうりは全国の中で埼玉県が最も多く作っています。特に本庄市や美里町栽培されています。今日のきゅうりは熊谷市産のものです。


6月22日(金)
『チキンカレー』
気温が40度にも50度にもなるインドで食欲を増して、胃ももたれない料理ということでカレーがつくられました。今日のカレーは少しゆるめでスープカレーに近かったため、6年生から「もっとかためのほうが良い」という意見をもらいました。

「残菜調査」
この1週間給食委員会が残菜調査を行いました。「ごちそうさま」をする前に、給食委員が各クラスへ行き、食缶の中を確認しました。特に1、2年生は残菜が少なく、食缶が空のことが多かったです。きれいになった食缶をみると、うれしい気持ちになりますね。


6月21日(木)
『じゃが豚キムチ』
熊谷の暑い夏を乗り切るため、スパイスをきかせた料理です。キムチの辛さで食欲が増します。


6月20日(水)
『ごぼうサラダ』
ごぼうは、中国からわたってきました。はじめは、薬として使われ、そののち野菜として食べられるようになりました。


6月19日(火)
『チンジャオロース』
中国で生まれた料理です。「チンジャオ」とはピーマンなどの緑色の野菜を指し、「スー」とは千切りの事を指します。


6月18日(月)
『カルシウムパンケーキ』
チーズとさつまいもが入ったパンケーキです。牛乳だけでなくチーズやバターなどの乳製品からもカルシウムをとりましょう。

「ナフキン調べ」
6月は食行月間です。月曜日の18日は給食委員会が給食時間にナフキン調べを行いました。各クラスに委員が行き、ナフキンを忘れた人がいないか確認をしました。調査の結果は次回の委員会で表にまとめます。

5年1組のナフキン調べの様子

6月15日(金)
『豚肉とレバーの香味揚げ』
レバーには鉄分が多く含まれています。そのため、貧血予防に効果があります。

「給食試食会」
1年生の保護者の方に給食試食会にご参加いただきました。1年生の教室でみんなで一緒に食べました。たくさんの人数で食べる給食はにぎやかで楽しいですね。


6月14日(木)
『白身魚の薬味ソースかけ』
白身魚は、身が白い魚のことです。瞬発力を発揮する筋肉が多い魚にみられます。今日の魚はたらです。


6月13日(水)
『ペスカトーレ』
ペスカトーレとは、イタリア語で漁師という意味です。イカ、あさりといった魚介類入ったトマトソーススパゲッティーです。

「2年生の町探検」
2年生が町探検で給食センターに来てくれました。身長と同じくらいのへらや大きな釜に驚いていました。「調理員さん1人で何人分の給食を作っていますか?」や「キャベツは何個分使いますか?」などたくさんの質問をしてくれました。


6月12日(火)
『まーぼー豆腐』
中国の四川省で約150年前にできました。1、2年生には辛いのではないかと心配していましたが、「もっと辛くてもいい!」という意見もあり驚きました。


6月11日(月)
『五目うどん汁』
「ごもく」とはいろいろな食材が混ざっていることをいいます。鶏肉、にんじん、しいたけ、小松菜、ねぎなどが入った具沢山の汁です。


6月8日(金)
『鶏肉のレモン煮』
レモン汁をいれたたれを唐揚げをかけました。レモンがほのかに香ります。

6月7日(木)
『鮭の塩焼き』
鮭は日本国内では、北海道や東北地方などでよくとれますが、今回の給食ではチリ産のものを使用しました。


6月6日(水)
『ミネストローネ』
トマトを使ったイタリアの野菜スープです。あさり、セロリ、たまねぎなどが入った具沢山なスープにしました。しかし、あさりが苦手な児童が多いようです・・・


6月5日(火)
『五目きんぴら』
ごぼうは、独特の風味と歯ごたえが特徴的です。食物繊維がとても多く含まれており、歯の健康を維持するために効果的な野菜です。


6月4日(月)
『白玉団子のきなこあえ』
ゆでた白玉団子1つ1つにきなこをまぶしました。今日から歯と口の健康週間のため、かみごたえのある献立にしました。


6月1日(金)
『じゃがいものトマト煮』
肉じゃがをトマト味にアレンジした、イタリアン風の肉じゃがです。ホールトマトや洋風だし、赤ワインで煮込みました。


5月31日(木)
『グリーンサラダ』
キャベツ、ブロッコリー、きゅうりといった緑色の野菜を使ったサラダです。

5月30日(水)
『じゃがいもとわかめのみそ汁』
新じゃがの季節です。新じゃがは皮がとてもうすく、水分を豊富に含んでいることが特徴です。


5月29日(火)
『豚肉とレバーのごまだれ』
レバーには血液を作る『鉄』が豊富に含まれています。


5月28日(月)
『抹茶蒸しパン』
新茶の時期です。お茶に含まれるカテキンには、生活習慣病を予防する効果があるといわれています。1年生には抹茶が苦手な児童も多くいましたが、5年生では人気でおかわりしてくれる人がたくさんいました。


5月25日(金)
『直実汁』
熊谷郷出身の武士、熊谷次郎直実が白玉団子が好物だったらしいことにちなみ、この名がつきました。白玉団子が入ったみそ汁で、もちっとした食感が楽しい汁です。


5月24日(木)
『花豆のシチュー』
花豆のペーストとインゲン豆のはいったシチューです。

5月23日(水)
『磯の香りあえ』
しらす干し、かつお節、焼きのりを食べる直前にほうれん草やもやしなどの野菜と和えました。4年生ではおかわりをしてくれる人がたくさんいました。


5月22日(火)
『スタミナ焼肉』
豚肉には、ビタミンB1がほかの肉に比べて多く含まれており、体の疲れを取ってくれる働きがあります。トウバンジャンをいれたピリ辛の味付けにしましたが、「もっと辛くても大丈夫」と3年生から意見をもらいました。


5月21日(月)
『手作りアメリカンドッグ』
給食センターでウインナーに1個ずつ衣をつけてあげました。串ありの予定でしたが、作業工程の関係で串なしのものに変更しました。

『タンメンスープ』
タンメンスープにはしなちくが入ると献立予定表に記載がありましたが、食材の不備により本日のタンメンスープはしなちくなしのものになりました。

5月18日(金)
『ごぼうサラダ』
カレーやハヤシライスの日は、かむ回数が減りがちです。そのため、かみごためのあるごぼうをいれたサラダにしました。


5月17日(木)
『こんにゃくサラダ』
こんにゃくにはコンニャク芋を粉末したものが使われます。つるんとした食感を楽しめるサラダです。


5月16日(水)
『じゃがいもの磯煮』
肉じゃがにひじきを加えたメニューです。ひじきが苦手でも食べやすく甘めの味付けにしています。


5月15日(火)
とても天気が良く「はるかぜ給食」を行うことができました。
教室で給食をお弁当につめ、外で学年ごとに食べました。みんなお弁当箱にきれいにつめられていましたね。メロンパンと野菜のチーズ焼きが好評でした。


5月14日(月)
『ジャージャー麺風スープ』
ピリ辛の肉みそあんを麺にかけ、混ぜて食べる中華料理です。給食では食べやすいようにスープ仕立てにアレンジしました。2年生からは辛すぎず、ちょうど良いという意見が上がっていました。


5月11日(金)
『和風ハンバーグ』
ぶなしめじ、マッシュルームの入ったしょうゆベースの和風ソースをかけたハンバーグです。

5月10日(木)
『トンノスパゲティ』
トンノとはイタリア語でツナを意味します。ツナの入ったトマトスパゲッティーです。特に1年生には好評でした。


5月8日(火)
『ホイコーロー』
中華料理のひとつです。肉やキャベツをいため、テンメンジャンという中華みそを使用し、甘辛い味付けになっています。


5月7日(月)
『手作りかきあげ』
給食センターで1つずつ形成して揚げました。大豆、さつまいも、ちりめんじゃこ、ひじきなど具だくさんのかきあげです。


5月2日(水)
『さっぱりサラダ』
こんにゃく、きゅうり、にんじんなど5種類の野菜が入ったサラダです。白色のこんにゃくと黄色のかぼちゃこんにゃくの2種類が入っており、かぼちゃこんにゃくをはじめて見たと驚いている2年生もいました。


5月1日(火)
『ししゃもフライ』
ししゃもは、頭から尾まで丸ごと食べることができます。骨もすべて食べられるため、骨や歯をじょうぶにするカルシウム、貧血を予防する鉄がとれます。


4月27日(金)
『手作りハムカツ』
朝届いたハムに衣をつけ、1枚ずつていねいに揚げたサクサクのハムカツです。パンにはさんで食べました。


4月26日(木)
『たこのこごはん』
25日の朝、2年生が苦戦しながらもたけのこの皮むきをしてくれました。そのたけのこを使った「たけのこごはん」です。春を感じることができましたね。

4月25日(水)
『野菜椀』
ごぼう、にんじん、大根、じゃがいも、ねぎ、小松菜とたくさんの野菜が入ったみそ汁です。

4月24日(火)
『若竹汁』
若は「わかめ」、竹は「たけのこ」のことです。わかめとたけのこといった、春が旬の食材を使ったすまし汁です。はんぺんやうずらの卵も入った具沢山の汁になっています。


4月23日(月)
『ちくわの磯辺揚げ』
衣にあおのりだけでなく、ひじきも加えました。ひじきには、食物繊維が豊富に含まれています。


4月20日(金)
『ソイ丼の具』
大豆は、たんぱく質が豊富な食品です。また、脂質やビタミン、ミネラルなども豊富に含み畑の肉といわれています。今回はカレー風味の味付けで煮込みました。


4月19日(木)
『イタリアンチキントマトソース』
鶏肉には、皮ふやねんまくをじょうぶにし、はだをきれいにする働きのあるビタミンAなどが多く含まれています。



4月18日(水)
『手作りカツ』
給食センターで1つ1つ衣を付けて揚げました。豚肉ではなく鶏肉を使っていることを知って、驚いている6年生もいました。


4月17日(火)
今日から小学校1年生は給食開始です。1年生は1時間目に給食の準備についての授業を受けました。
手洗い体操と給食着の正しい着方に挑戦してくれました。
『こふきいも』
じゃがいもにはビタミンCが多く含まれています。あおのりもつけて彩を良くしました。


4月16日(月)
『オレンジ蒸しパン』
みじん切りにしたにんじんが入っています。牛乳のかわりにオレンジジュースを使ったオレンジ風味の蒸しパンです。
鮮やかな黄色でとても彩が良いですね。



4月13日(金)
『大豆のカリカリ揚げ』
ゆで大豆を5分ほどかけて揚げました。外はカリカリ、中はやわらかの食感で食べやすいです。甘い味付けが好評でした。

4月12日(木)
『さばねぎみそ焼き』
 さばには質の良い脂肪分が多く含まれており、血液をサラサラにして、血管がつまるのを防ぐはたらきがあります。
 骨が入っていましたが、みんな器用に食べていました。


4月11日(水)
『きなこ揚げパン』
 「給食の中できなこ揚げパンが一番好き!」という声が上がるほど人気の揚げパンです。
きなことは、大豆を煎(い)り、それをくだいたものです。


4月10日(火)
今日から給食開始です。
新しい学年でみんな楽しそうに食べていました。
『韓国風鶏肉の照り焼き』
トウバンジャンやごま油の入ったたれにつけ込んでから、焼きました。
味がよくしみこんでいて、ピリ辛でした。


3月22日(木)
今日は、今年度最後の給食でした!

給食の配膳室で片付けをしていると、「今年も1年間お世話になりました。」と言ってくれる児童がいて、とてもうれしく、清々しい気持ちになりました。
これからも感謝の気持ちを忘れずに、毎日の給食を食べていってほしいと思います。
1年間ありがとうございました!

※新学期の給食開始は、4月10日からです。
 給食着、マスク、ナプキン等、準備をお願いします。

3月19日(月)
『アスパラガスのサラダ』
春の野菜、アスパラガスの入ったサラダです。
アスパラガスに含まれる「アスパラギン酸」は、疲労回復の効果があるといわれています。


3月15日(木)
『手作りカツ』
人気のメニューのひとつですね!どのクラスも残りがゼロでした!
カツは給食センターで1枚1枚ていねいにパン粉をつけて、揚げました。


3月14日(水)
今日はぽかぽか温かく、春を感じる1日でした!!
『チーズサラダ』
カルシウムは、骨や歯をつくるために必要な栄養素で、特にチーズのカルシウムは体に吸収されやすいといわれています。黄緑、黄色、オレンジと春らしい、彩りのよいサラダでした。


3月13日(火)
『かてめしの具』
「混ぜ合わせる」という意味の「かてる」が語源の埼玉県に伝わる郷土料理です。
昔、お米は貴重であったため、他の材料を混ぜて量を増やしたことから生まれた料理です。
混ぜご飯の具を酢飯に混ぜて食べました。